スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

びっくりするほど何もないな‥

2010/01/11(Mon) 21:59

三十分間、ボロ泣き必須な第四十五幕。
まず、リアルタイムで見て、ボロボロ泣いた。
化粧したばかりなのに。仕事行く気なくした。そんな日に限って、めちゃくちゃ忙しかった。
仕事中、ふとしたときに思い出して、

との‥(´;ω;`)

と、涙が溢れてきて困りました。だって!だって!
今日も二回ほど見直したけど、二回ともボロ泣きして疲れたよぅ‥

殿が影武者だったと知っての、家臣たちの反応が本当にリアルでもうだめだった。
(私の涙腺的な意味で)
千明の反応が理想的過ぎた。理想的過ぎるからこそ、涙腺崩壊。
あのシーン、千明というより勝吾くんのマジ泣きな気がする。あの子、泣き虫だし!(笑)

今回、ダイゴヨウがいてくれて本当によかったと思った。
あんな重い空気の中で、くすっと笑わせてくれるし、親分(源ちゃん)大好きで本当にいい子。
跪いて土下座して謝る殿に涙が止まりません。ことはが顔を背けたくなる気持ちが痛いほど分かる。

「俺は殿様じゃない自分は初めて見た。びっくりするほど何もないな‥」

靖子にゃん(脚本家さん)は心にぐさっと残る言葉の使い方が上手いなぁと思います。
このセリフ、本当に痛かった。とーりくんの演技や表情も素晴らしかったし。
推定5,6歳から影武者として「殿様」をやってきて、「殿様」のまま死ぬはずだったんだもんなぁ。
そんな殿に「何でもいいから何かさせる!」と屋台を引っ張ってくる源ちゃんが泣かせます。

あの小さな名も無きお墓は、殿のお父さんのものだったんですね。
回想シーンは何度もあったけど、殿が「父さん‥」と口に出したのは初めてな気がします。
殿のお父さんは何者だったのかな?お墓があんな寂しい場所にあって、名も刻めないなんて‥
そして、そこに十臓登場。さすが、殿のストーカー!(違‥‥わない!)

影武者だとか「そんなことはどうでもいい」と再び戦いを挑んできた十臓に、
「何もないよりマシか」と微笑む殿が切なすぎて痛いよぅ‥ううううぅ‥(涙)


来週は、十臓との決闘にじいの愛が炸裂する感じでしょうか。
十臓に救いを求めてしまっていそうな殿に、何もないなんて事はないと言ってあげてほしいです。

姫は口数少ないからあれだけど、多分いい子なんだよね。丹波は最低だけど。
殿を影武者の使命から解放させてあげたいって思って出てきたっぽいし。
蜂須賀さん(姫レッドの中の人)の神技をちゃんと見たのは初めて(太夫は別として)だけど、
ほんっとすごいね!さすが、世界一の女形!知らなかったら、男の人だとは思わないもん。

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 ミキサーゴールドフィッシュ, all rights reserved.
Calendar
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。